Takeo / Phnom Bei Sambao タケオ / プノンベイサンボー *Japanese only

概要 タケオ州南部ベトナム国境付近には顕著な花崗岩の山塊がある。プノンベイサンボーはその中でも際立った岩峰だ(標高467m)。ブッシュは多いけれどカンボジアの山のなかではすっきりしていて我慢のしどころだろう。山麓をぐるっと廻るリング状の悪路の両側にはボルダーが塀のように続いていて驚かされる。2006年12月にチェンマイ/クレージーホースバットレスの開拓者として知られるジョッシュ・モリス(Josh Morris)らがその北面のクラックシステムに5ピッチのラインを引き、The Spirit of Mokwai (5.8 X, 5 pitches, 300m)とした。エリアとしての初登と思われる。グレードは低い(5.8)が、プアプロの冒険的なルートだ。山麓には無数のボルダー課題が眠っている。   位置 タケオ(Takeo)州深南部 アクセス プノンペン(Phnom Penh)から南へ向かい、途中タケオを経由、キリボン(Kilivong)を目指す。乗り合いTAXIで2時間~2時間半。また、カンポット(Kampot)からアプローチすることも可能だ。コンポントラッチ(KompongTrach)からバンテアイメアス(BanteayMeas)を目指し、さらに真東へ30kmほどで花崗岩の岩峰群が見えてくる。道は悪いが通常のセダンで走れる。 ギヤ 残置はモリスらのビレイポイント以外にはないと思う。ラペルに使えるような都合の良いブッシュもカンボジアでは無いと考えた方がよい。新ルートを目指すなら50m以上のロープ、カム、フリーのカラビナ、スリング(それぞれ、それなりのセット数)の他にジャンピングセットがあれば心強い。 ルート…

Climbers’ code

Climbers’ code 1. Trash Don’t litter; please take out what you have brought in. 2. Toilet It’s not allowed to…

Attention!

We ACN are not going to place any restrictions on climbers’ activities in Cambodia. Due to unique situations of Cambodia,…